監督、ヤチョラーだったんですね!?「特撮のDNA展」

映画シン・ゴジラの中で「えっ!?蒲田に?」というセリフでおなじみの蒲田にて開催されている「特撮のDNA〜「ゴジラ」から「シン・ゴジラ」まで〜」という展示会を訪れました。

ゴジラを中心とした特撮映画の歴史を製作側から辿る、とても素晴らしい企画展。映画で実際に使われたボディスーツや小道具も全て撮影OKでした。(フラッシュ撮影と動画撮影はNGです。)

実際に撮影で使われたボディスーツや企画段階の模型など貴重な展示物はもちろんですが、文房具が好きな人はシン・ゴジラの監督・特技監督の樋口 真嗣氏のイメージスケッチに注目です。
それがこちら。

スケッチを見る前に思わず「樋口監督!ヤチョラーだったんだー!?」と興奮してしまいました。(※ヤチョラー・・・測量野帳を使う人のこと)

展示されている測量野帳にはゴジラが口から光線を出している様子や第二形態のゴジラが街を進む様子などのイメージスケッチが描かれています。

この貴重な測量野帳はぜひご自身の目で見ていただきたく思います。

と、いいながら本企画展は2019年1月27日まで。
見てみたい方はお早めにお越しください。

こんなあなたにおすすめ!
測量野帳が好きな方
クリエイターのノートが見たい方
ゴジラが好きな方

Information

特撮のDNA
http://tokusatsu-dna.com/


– No stationery, No life. 毎日、文房具。–

Comment