毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

はすみ
作る工程が垣間見られるものが大好物。大学では文化的側面から活版印刷の研究をしていました。「もの」を通して「こと」を感じたい。文房具は想いを伝えるための文化だと思っています。誰に何を使って伝えよう。この気持ちが私の文房具好きの原点です。 書く(描く)、見る、作る、伝える、贈る、 という観点で文房具をご提案します。
はすみの記事一覧
内容や場面によって使い分け。スタビロの黒ペン「point88」と「pointVisco」
3542

内容や場面によって使い分け。スタビロの黒ペン「point88」と「pointVisco」

どんな場面でも必ず持っておきたい黒インクのペン。その中でも、「何に書くのか」「いつ書くのか」によってペンの種類を使い分けている人も多いのではないでしょうか。 今回は私が常にペンケースにしのばせている2本の黒ペンと、その使い分け方をご紹介します。 ドイツの筆記具メーカー「STABILO(スタビロ)」の「point88」と...
コラム|初めての万年筆選び〈後編〉~ペン先調整も頼める神戸の「Pen and message.」〜
6160

コラム|初めての万年筆選び〈後編〉~ペン先調整も頼める神戸の「Pen and message.」〜

店主「ではペン先調整をしていきましょう。これからお好みの書き味に微調整していきます」 好みの書き味に調整……! これは初めての経験です。普段のペン選びは試し書きをして、好みに合ったペンを購入したら終わり、あとは持ち帰って使うのみですが、万年筆ではさらに自分の手に馴染ませる工程があるというのです。販売だけでなく、調整もし...
コラム|初めての万年筆選び〈前編〉〜 万年筆を選ぶ時のポイントは?〜
7869

コラム|初めての万年筆選び〈前編〉〜 万年筆を選ぶ時のポイントは?〜

文房具好きと言いながら、私、実はまだ万年筆デビューをしていませんでした。 万年筆ユーザーの方々をよこ目に、安価な物ではないし、手入れも必要だと聞いたし……と手が出せずにいたのですが、ついに満を持して初めての万年筆を購入しました。 今回は私の「万年筆デビュー」に至るまでをレポートしたいと思います。 はじめての万年筆はどう...
筆ペンのストレスを見事に解消!「完美王」
6871

筆ペンのストレスを見事に解消!「完美王」

前々から気になっていたのですが、筆ペンの買い替えのタイミングを待って試していなかった呉竹の「完美王」。 そろそろ年賀状シーズンということで、遅ればせながら使ってみました。 「完美王」最大の特徴は、本体を押さなくてもスムーズにインキが出てくるところ。この情報は既に耳に入っていましたが、一体どれほど使いやすくなっているので...
斬新なアイデアが紙の魅力をひきだす!チェコ発ブランド「papelote(パペロテ)」の文具
11778

斬新なアイデアが紙の魅力をひきだす!チェコ発ブランド「papelote(パペロテ)」の文具

チェコ・プラハに商品開発のためのおしゃれなスタジオを構える「papelote(パペロテ)」。元々学生の卒業制作から始まったデザイナーによる文具ブランドで、彼らの作り出す商品は業界の常識を覆す仕様やデザインになっています。 スタジオとは別に定番となった商品や、作りたての新商品が所狭しと並ぶ実店舗も。 「papelote」...
ペン先がプラスチックなのに万年筆!? ワンランク上の書き心地が楽しめる「トラディオ・プラマン」
11033

ペン先がプラスチックなのに万年筆!? ワンランク上の書き心地が楽しめる「トラディオ・プラマン」

ぺんてるの定番商品「トラディオ・プラマン」。今更声高に言うまでもないほどのロングセラー商品ですが、改めてご紹介したいアイテムです。 「トラディオ・プラマン」はその名の通りプラスチック製のペン先を持つインクペンで、万年筆のような筆跡が特徴。インクがしっかり出るため、サラサラと気持ちよくペンを走らせることができます。 万年...
コトバだけじゃ伝え足りない。ドイツ生まれの「ミニギフトカード」
7966

コトバだけじゃ伝え足りない。ドイツ生まれの「ミニギフトカード」

手紙だとすこし重たいけれど、メールでは味気ない。そんな時使うのにちょうど良いのが「メッセージカード」。 今日は数あるメッセージカードの中から、「届けたいのはことばだけじゃない!」という方におすすめのシリーズをご紹介します。 ドイツはベルリンのカードメーカー「Inkognito(インコグニート)」が展開するギフト付きのメ...
Return Top