オリジナルノート作りに夢中。大阪の紙好きが通う「紙匠雑貨エモジ」

大阪の市営地下鉄 谷町六丁目駅で下車し、昔ながらの八百屋さんや電気屋さんなどが立ち並ぶ風情あるアーケード商店街を歩いていくと「紙匠雑貨エモジ」の看板を見つけました。


お店の外からでも棚にずらりと並ぶ紙が見えて、わくわくしながら戸を開けて店内へ。


「紙匠雑貨エモジ」では本文用紙と表紙を自分で選び、オリジナルのノートを作るサービスが大人気。

「まずは店内をいろいろ見せていただこう……」と思っていましたが、棚に並ぶ面白そうな紙が次々と目に入ってしまい、早々と用紙選びを始めてしまいました。


オリジナルノートコーナーの棚には教室の札のように「A-5」「B-6」と札が付いています。これはノートのサイズです。A5かB6どちらかサイズを決めて、本文と表紙を選んでいきます。

まずは本文から見ていきました。


店主は元々紙問屋さんだったそうで、紙の種類だけでも数十種が並んでいます。色のバリエーションも豊富です。さらに、一般的な罫線のデザインだけでなく、ダイアリーや絵日記、家計簿、育児記録などエモジオリジナルのデザインも多くありました。


種類によって1セットの枚数、価格が異なります。1冊のノートには数セットをバインディングできるので、組み合わせ数はスタッフの方に聞きながら選んでみてくださいね。

次は表紙です。表紙はノートの佇まいを左右する大事なパーツ。つい気合いが入って、ああでもないこうでもないと、いくつも引っ張り出して見てしまいました。


表紙はなんと紙製のものだけでなく異素材のものも。布や革、木で作られたものもあります。

本文用紙と表紙を選んだらレジへ持って行き、ノートを綴じるダブルリングの色を選びます。


ノートの留め具やバンドなどを付ける場合もレジで伝えれば付けてもらえます。

綴じる順番やリングの向きを確認し、いよいよ製本です。製本は店内の機械で、早ければ5分~10分程度で仕上がってきます。

私が作ったのはこちらのノートです。


どちらが表側か触っただけで分かるようにと、表紙には表と裏で異なる素材のものを選びました。表がレザー、裏はゴールド(金箔風)の紙製の表紙です。イエローとゴールドの表紙に合わせてリングの色はゴールドをチョイス。

本文は、一目惚れで北欧雑貨店「チャルカ」と共同企画のものを選んでダイアリーに。これだけでボリュームがあったので、後ろには1セットだけメモページを加えました。


製本後のノートにはエモジオリジナルの下敷きという嬉しいおまけがセットされていました。


私だけの大満足のノートです。

自分仕様に自由に組み合せできるうえに、エモジでしか手に入らないデザイン・素材もあり、バラバラだったパーツをノートにしてその日に持ち帰ることができる。そんなオリジナルノート作りの楽しさがぎゅっと詰まったサービスです。

「紙匠雑貨エモジ」では、オリジナルノート以外にも個性あるたくさんの紙モノが2階建ての店内を埋め尽くしています。


メモやノート、メッセージカード、ご祝儀袋やぽち袋、マスキングテープや包装紙まで……。紙モノ好きにはたまらない空間を存分に堪能してくださいね。

こんなあなたにおすすめ!


icon-ch
紙モノに触れたい方
icon-check
オリジナルのノートを作りたい方
 
関西の文具好きの方

Information

紙匠雑貨エモジ
http://www.etrangerdicostarica.biz/?n=1001_04
住所:大阪市中央区谷町6-4-24
アクセス:大阪市営地下鉄谷町六丁目駅4番出口から徒歩約3分

 


– No stationery, No life. 毎日、文房具。–

Comment