TWSBIは分解・洗浄もかんたん。ECOのお手入れ方法を徹底解説

本格的な吸入タイプでありながら、付属のレンチを使ってかんたんに分解・洗浄ができる点も「TWSBI」の特徴。

TWSBIのECOについて詳しくはこちらの記事をご覧ください
美しく、機能的な台湾の万年筆が本格上陸「TWSBIのECO」
https://mai-bun.com/twsbi

今回はエントリーモデル「ECO」の分解方法を徹底解説します。

インクを使い切りました

1:先に軽く水洗いをし、水の吸入・排出を数回行います

2:続いてエンドキャップを反時計回りに回して、ピストンを伸ばします

インクや水分が残っている場合は飛び散り注意です。

ピストンが最後まで降りました

3:エンドキャップと本体との間にできた隙間に専用の工具を取り付けます

4:工具とエンドキャップを固定したまま本体を反時計回りに回します

少しコツが入ります

5:回りきったら、エンドキャップをピストンごと引き抜きます

6:エンドキャップのパーツを分けます

これで分解は完了です。パーツごとに洗浄が可能です。

動画もアップされているので、わからない方は動画も確認しながら分解してみてください。

インクを入れる際にあえて満タンにせずに、少しだけインク吸入し、使い切ったらまた分解・洗浄して他の色を楽しむこともできますね。

万年筆って手入れが難しそう・・・と思って手が伸びていなかった人にも勧めたい一本です。
ぜひお試しください。

※無理に力を加えないでください。専用の工具を正しく使えば、無理な力を加えなくても分解はできます。
※分解の際は必ず取扱説明書もご確認ください。本記事は販売代理店の確認をとって公開しておりますが、破損や故障の責任は負いかねます。ご了承ください。

協力:株式会社酒井

Information

TWSBIホームページ|株式会社酒井
http://twsbi-sakaijapan.com


– No stationery, No life. 毎日、文房具。–

Comment