身近な文房具と人生が交差する新感覚漫画「きまじめ姫と文房具王子」

月刊!スピリッツ(小学館)で大好評連載中の文房具漫画「きまじめ姫と文房具王子」がついに単行本として発売されました。

この漫画は京都の大学に講師として赴任した「姫路かの子」が主人公。

着任早々、研究室は改装工事のせいで相部屋になると聞かされるのですが、その相部屋の相手が、、、生活文化史の講師であり、超文房具マニアの「蜂谷皐月」。

蜂谷先生に振り回される「姫路かのこ」ですが、文房具に囲まれて生活する中である心境の変化が・・・(詳しくは単行本でご覧ください。第8話 筆箱 参照。)

人間味あふれるストーリーもとっても魅力的なのですが、作中には万年筆や消しゴム、そしてノートなど、実在する身近な文房具がたくさん登場します。絵として出てくるだけでなく、その文房具にまつわるエピソードや詳しい情報なども必読です。(藤原先生、本当に取材頑張っておられます!!)

文房具抜きにしても心温まるストーリーが楽しめる「きまじめ姫と文房具王子」。
文房具ファンはもちろん、文房具にさほど興味がない方(もしくは自分が文房具好きだと気が付いていない方)にぜひ読んでいただきたい作品です。

さて!なんと作者の藤原嗚呼子先生から「毎日、文房具。」の読者のみなさまにプレゼントをいただきました。
貴重なサイン本です!(私が欲しいくらいです!)

詳しくは>こちら<

ぜひ応募してくださいね!

左:「毎日、文房具。」編集長髙橋拓也 右:藤原嗚呼子先生

こんなあなたにおすすめ!

 

文房具が大好きな人
文房具にさほど興味がない人(もしくは自分が文房具好きだと気が付いていない人)
漫画が好きな人

Infomation

きまじめ姫と文房具王子|小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09189831

試し読みはこちら
https://shogakukan.tameshiyo.me/9784091898319


– No stationery, No life. 毎日、文房具。–

Comment