1本で3役!クレヨン・色鉛筆・水彩を楽しむ「woody 3in1 」

絵を描くときは、ワクワクする道具で描きたいですね。キッズ向けの文房具や画材の中には、オトナが使っても楽しめる商品がたくさんあります。

今回はドイツの文房具メーカー、STABILO社のキッズ向け色鉛筆「woody 3in1」を紹介します。

キッズ向けに開発された安心・安全設計

この製品には有害物質が一切入っていません。キッズの手に合わせたサイズで、全長110mmの太い軸、芯径10mmの太い芯で構成されています。

オトナが使っても、とても気持ち良い描き心地です。持っているうちに木のぬくもりを感じてきました。


ウッディー 18色セットのパッケージ。「ガラスに描いても拭きとれるよ」と書いてあります。

ウッディー 18色セットにはシャープナーと筆が付いてきます。1本1本のデザインもオシャレですね。

普通サイズの鉛筆と並べると、その太さがわかります。専用シャープナーで削ることができます。

1本で3つの機能

最大の特徴は、水彩マルチ色鉛筆であること。

1本で色鉛筆、水彩色鉛筆、クレヨンの3つの機能を持っています。 色の芯は柔らかすぎない、硬すぎないの絶妙のバランスです。

思いっきり描いてから、水をつけた筆でなぞって淡い感じを出したり、重ねてどんどん色を塗って上から削るなど、思いつくまま遊ぶことができます。

一般的な無地ノートに、クレヨンとして使ってみた例。

波線の上を、水をつけた筆でなぞってみると、水彩画のような雰囲気になりました。

ウッディーの芯を筆でなぞり、画用紙に色を付けた例。水彩絵の具としても使えます。

どんどん広がる表現

製品パッケージに、黒い紙やガラスにも描けるという説明があるので、やってみました。

黒い紙の上でも発色が良く、それぞれの色が見えます。黒い便箋や封筒のデコレーションにもいいですね。

「woody 3in1 」のサイトで紹介されているウッディー利用テクニックの1つ、フロタージュテクニック(こすりだし)をやってみました。

外国のコインをノートの下に敷いて、上からウッディーでこすってみた例です。木の葉などの植物をこすり出してみるのも面白かもしれません。

見た目がポップ、1本3役をこなす機能性、手になじむ木の感じ。

キッズだけでなくオトナの文房具ファンの心も動かすことでしょう。

気分に合わせていろいな技法を楽しみたいですね。

絵を楽しく描きたい方は、ぜひ手に取ってみてください。

こんなあなたにおすすめ!


絵を描くのが好きな人
ポップな文房具が好きな方
こどもと一緒にお絵かきをしたい方

Information

woody 3in1 |STABILO
http://www.etrangerdicostarica.biz/?n=1001_event

Comment