1971年発売のロングセラー。キャップ付シャープペンシル。「万年CIL ケリー」

Writer:たかたく(髙橋拓也)

最近、文房具売り場のシャープペンシルコーナーで学生に混じって社会人をよく見かけるようになりました。
もしかすると消せるボールペンの影響で「書いたものを消せるってやっぱり便利だな。」という再認識が広まり、より書いたり消したりしやすいツールとして、あらためて鉛筆やシャープペンシルを使うことへの回帰が生まれているのかもしれません。

昨今は芯が折れにくいものや芯が尖り続けるものなど機能的なシャープペンシルが話題となっていますが、社会人が持ちやすいデザインかというと少し疑問も残ります。

ということで、今日はビジネスマン・ビジネスウーマンでも使いやすいキャップ付シャープペンシル「ケリー」をご紹介します。

1971年発売のロングセラー

ぺんてるの「ケリー」が生まれたのは1971年。もうすぐ50年になるロングセラーです。


本体の裏にはSINCE 1971の文字が。

HPを見ると商品名は「万年CIL ケリー」とあります。
万年CILとは 万年筆+PENCIL(鉛筆) の造語。
これは当時「万年筆のように持ち歩けるシャープペンシル」をコンセプトに開発されたことに起因します。

ちょっぴりレトロなデザインと高級感

万年筆のように持ち歩けるシャープペンシルを目指した通り、万年筆のような高級感があるデザイン。少しレトロな雰囲気を感じる人もいらっしゃるかもしれません。

キャップ式のシャープペンシルの代表作

キャップ式のシャープペンシルは実は珍しいんです。
私が知る限り、少なくとも日本では数種類しか存在しません。

キャップがあることでスーツのポケットやカバンのポケットにそのまま入れていても、ポケットの内部や周りのものを汚したり傷つけることがありませんのでとても安心。

キャップは多くの高級万年筆で見られるようなネジ式のものではなくカチッと開閉する嵌合(かんごう)式。
ぺんてる社では「カチッと嵌合」と呼ばれることもあるそうです。
(相対する言葉として、「ボールぺんてる」のキャップのような「ヌルっと嵌合」もあります。)
また、キャップを本体のお尻に挿してもノックができるようになっているところもポイント。

実はこのキャップ、本当によくできています。
ペン先を保護している時、あるいはキャップを外した時はその先端は美しく内部に収まっているのですが、

本体のお尻に挿したときだけノック部分が数ミリ外に出てくることでノックをすることができるようになります。

細かいところまで考え抜かれたプロダクトだと感じます。
また、キャップを手帳のペンホルダーに残して使うという方もいらっしゃるようです。ナイスアイデアですね。

コンパクトなサイズ

一般的なシャープペンシルと比べて少しコンパクトなサイズです。
キャップを取った状態で書くと手に収まるほどの大きさです。

もちろんキャップをお尻につけて書くこともできます。

キャップがない時と比べて少し長くなり、安定感が増す印象です。
コンパクトな手帳にもぴったりな一本と言えるでしょう。

ペン先が独特のデザインで文字が見やすい

口金と言われるペン先部分が独特の美しい形をしているのも「ケリー」の特徴。
これは握りやすい太さを維持しつつ、全体を短くするための工夫ですね。

また先端が細くなっていることで自分が書いている文字が見えやすくなっています。

海外限定の0.7も

海外では0.7も発売されています。私は先日台湾でネイビーの0.7を購入しました。イラストを描く際にも適していますし、0.5と少し雰囲気や書き味が変わる点が気に入っています。海外に行かれた際にはぜひ探してみてください。

ギフトにもおすすめ

性別・年齢問わず使いやすいデザインなのでギフトにもおすすめです。高級感があるのに、1,500円(税別)とリーズナブルな価格も魅力。名入れをしてくれるお店も多いですよ。

長く愛される「万年CIL ケリー」。
まだ使ったことがない人は、ぜひ一度お試しください!

こんなあなたにおすすめ!
シャープペンシルをよく使う方
大人っぽいシャープペンシルを探している方
手帳にシャープペンシルで書き込みをする方
名入れしてギフトにも

Information

万年CIL ケリー|ぺんてる
http://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/mannencil/


– No stationery, No life. 毎日、文房具。–

Comment