28種の紙を試せるノート付き!文房具の作り方満載『デザインのひきだし36』

  Writer:まき(福島槙子)

「オリジナルの文房具が作りたい!」

文房具が好きな人なら、誰しも一度はそんな願望を抱いたことがあるでしょう。

本日ご紹介する『デザインのひきだし36』(グラフィック社)は、その願いを具体的にかなえるための情報や方法がたっぷりつまった1冊です。

一言で「ノートを作る」と言っても、「どんな紙で?」「どんな製本で?」「サイズは?」「いくつ作ったらいくらかかるの?」と、様々な疑問が出てくるはず。それを一つ一つわかりやすく解説してくれているのが、この本のすごいところ。

「書きやすい紙ってどれ?」というところの検証から、印刷・製本・加工の様々な方法の解説、「この会社でこんなノートを作るなら、最小ロットは●冊○○円からです」という具体的な数字まで、オリジナル文房具を作るために必要な情報が満載です。

さらに驚くのは、豪華な付録の数々。

中でも目玉はこちら。「筆記性にこだわった紙ノート」です。

中にはバンクペーパーやダンデレードCoC、トモエリバー52手帳などの手帳専用用紙といった「書く」ために作られた紙や、専用用紙ではないけれど実は書き心地のよいパスピエクリームや淡クリームキンマリ、金菱などの紙、全28種類の紙が16ページずつ収録されています。

その厚さ、約2.5cm。自分のすきなペンでたっぷり書き込んで、書き味を試せる贅沢なノートなのです。

書きやすい紙の見本帳としても持っておきたい1冊ですね。

ほかにも、紙の情報満載の「強いインデックスつき手帳」や様々な加工のサンプルなど、充実の内容です。

いつかはオリジナルの文房具が作りたいと思っている方や、文房具作りに関する知識を得たい方には必読の1冊です。

こんなあなたにおすすめ!

 

 icon-check オリジナル文房具を作りたい方

  文房具作りに関する知識を得たい方

  紙が好きな方

Information

デザインのひきだし36|グラフィック社
http://www.graphicsha.co.jp/detail.html?cat=4&p=38711

 


– No stationery, No life. 毎日、文房具。–

Comment