毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

鉛筆をしっかり守るおしゃれなボディ「Drawing Out 鉛筆エクステンダー 」

logo_20131223タイの文房具デザイン会社GREY RAY STATIONERYのプロダクトを紹介します。
(GREY RAY STATIONERYについては過去のインタビュー記事をご覧ください。)
10411223_833962886643084_687011068605222278_n Drawing Outは短くなった鉛筆を保護する補助軸のような文房具です。日常生活に鉛筆を便利に持ち歩けるため、そして短い鉛筆を最後の2センチまで使えるようデザインされて作られました。
正確な商品名は「Drawing Out 2.5」。実は2011年から開発のため実験を繰り返し、3年後にDRAWING OUT 1が生まれ、 そしてDRAWING OUT 2を経て生まれた2.5世代目の製品とのことです。

ボディとキャップに一体感

10968450_833962913309748_6550160514150818193_n ボディとキャップに一体感がありスタイリッシュです。
日本の鉛筆補助軸は先端まで保護するものは少ないのであまり見ない形ですね。
キャップもあることでこれ一本で鉛筆を持ち歩けるところが良いですね。しっかり締まりますのでかばんの中でキャップが取れてかばんの中が汚れたりすることもないと思います。
10940530_833962963309743_2554017816812515960_n

思わず触れたくなる質感

10959542_835796843126355_3930219306075761890_n 日本の鉛筆補助軸は金属のものが多いのですが、Drawing Outは「熱可塑性エラストマー(TPE)」というプラスチックとゴムの中間の性質をもった素材でできています。
軽いですがマットな質感で落ち着いた色合いなのでおもちゃっぽい感じではなく、高級感があります。
思わず手にとって使いたくなるようななめらかな触り心地です。

【注意】三菱鉛筆のハイユニなどのように塗装が分厚い鉛筆、対角長または直径が7.5ミリを超える鉛筆、三角軸鉛筆、太軸鉛筆には使えません。

こんなあなたにおすすめ!
・手軽に鉛筆を持ち歩きたい方
・おしゃれな鉛筆キャップと補助軸を使いたい方
・海外の文房具を使いたい方

Information

Drawing Out 鉛筆エクステンダー|GREY RAY STATIONERY
http://grey-ray.com/product/drawing-out-2-5-dark-gray-2/?lang=ja

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–

ABOUT THE AUTHOR

たかたく
仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。 文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌や新聞などの文房具特集に何度か掲載いただきました。手帳はジブン手帳。
文房具カフェ会員No.79
関西どや文具会 会員No.14

Comment

Return Top