毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

タイから素敵な文房具が届きました。「GREY RAYのステーショナリー」


logo_20131223GREY RAY STATIONERY は2011年に設立されたタイの文房具デザイン会社です。
Twitterでデザイナーさんと知り合ったことがきっかけで文房具を送っていただきました。
10924752_833992653306774_678738379451190012_n<こんな小包で届きました!>
1531984_833990993306940_600932993986853059_n<じゃーん!おしゃれな文房具がいっぱい!>

メールでインタビューをさせていただきましたのでまずはその内容からご紹介します。

グレイ・レイとはどのような文具ブランドですか?

GREY RAY STATIONERY は2011年に設立されたタイ国産の文房具デザイン会社です。製品の使いやすさと環境に優しい生産システムにこだわりながら、シンプルなデザインを追求し続けており、製品を通して創作性をお客様に語りかけています。

グレイ・レイ誕生のきっかけを教えて下さい。

GREY RAYの社長・チャンチャラードは17年間美大・芸大の予備校を経営しており、学生たちを観察しているうちにある事に気づきます。まず、タイには良い文房具が無いこと。タイ国産の文房具など存在せず、良い文房具はほとんどが輸入品でとても高い価格で売り出されていること。そのために全ての子供には行き届かない事。
タイの美大生・芸大生は EE / 8B の鉛筆のみでデッサンをします。黒鉛(グラファイト)をより多く含む絵描き用鉛筆は普通の鉛筆よりとても折れやすいです。そこで、鉛筆を効率よく使用するために「EE DEFENDER(鉛筆キャップ)」開発されました。
10551125_833964213309618_8998880266557289823_n短くなった鉛筆を持ちやすくし、削り終えた鉛筆の芯を守ります。美術を学ぶ学生は、シャドーイングや細かい部分を効率良く描くため鉛筆を基準よりも長く削ります。そん な使い方を尊重し丁寧にデザインされた鉛筆キャップ。鉛筆の芯を守り、鉛筆箱の汚れの心配はもういりません。社長はタイの子供達に安い価格で良い文房具を提供しようとブランドを作りました。

グレイ・レイの商品はどのようなコンセプトで作られていますか?

全て製品の使いやすさと環境に優しい生産システムにこだわっております。また、一つ一つの製品が全てデザイン賞を受賞しております。
① 2 cm+
10858536_833964313309608_3661814461825227188_n
2014年度 Design Excellence 賞受賞 (DEmark)

EE Defender
10551125_833964213309618_8998880266557289823_n
2013年度 Design Excellence 賞受賞 (DEmark)
2013年度グッドデザイン賞受賞(G-MARK)

Drawing Out
10959542_835796843126355_3930219306075761890_n
2011年度「okmd タイ・クリエイティブ賞」
2012年度「ザ・セカンド・タイ・プピュラー・ヴォート賞」
2013年度 Design Excellence 賞受賞 (DEmark)

グレイ・レイの商品はどこで購入することができますか?

www.grey-ray.com にてご注文いただけます。
日本におられる方は www.bundoki.com でお買い求めいただけます。

今後の展開を教えて下さい。

より良い文房具を開発し、タイ以外に日本や海外の方に愛されるような文房具を作り続けたいです。

続いて、作り手の想いが込められた素敵でおしゃれな文房具をご紹介します。詳細はそれぞれの記事でご確認ください。
■たしかにここには芯は要らない。「2 cm+ Pencil」
■子どもたちが一生懸命削った芯を守る「EE Defender 鉛筆キャップ」
■鉛筆をしっかり守るおしゃれなボディ「Drawing Out 鉛筆エクステンダー 」

そしてなんと、今回はGREY RAY STATIONERYさんに「毎日、文房具。」をご覧の皆様にプレゼントをご用意いただきました。
こちらはプレゼント企画でみなさんとシェアさせていただく予定です!皆様どしどしご応募ください。

Information

GREY RAY STATIONARY
http://grey-ray.com/

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–


ABOUT THE AUTHOR

たかたく
仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。 文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌や新聞などの文房具特集に何度か掲載いただきました。手帳はジブン手帳。
文房具カフェ会員No.79
関西どや文具会 会員No.14

Comment

Return Top