大人が使えるロケット鉛筆「六角軸ロケット鉛筆」

これ、なんだか分かりますか?
10305430_825645104141529_117809447945724561_n
なんと懐かしのロケット鉛筆です。
いまはこんなデザインでも販売されているそうです。
これだと大人でも使うことができますね。

使い方は昔と変わっていません。
10905986_825177794188260_3313805289179214110_n
先の芯が丸くなってしまったら、抜き取って
10923688_825177824188257_429512676800238796_n (1)
後ろから
10885029_825177890854917_5302480678516912748_n
挿します。
10246551_825177937521579_3318883803008879939_n

これで新しく尖った芯が出てきます。
芯は11個内蔵してありますので、10回は芯交換ができますね。

実はこのロケット鉛筆は台湾で1966年に開発されました。
「芯が次々と出てくるのが面白い」と日本でも子どもたちの間で大人気になったそうです。
私も幼少期に使っていた覚えがあります。
今は日本ではあまり見かけなくなってしまいましたが、台湾ではまだ販売されているのでしょうか?

10613161_825645077474865_3495047645274658152_n
3本1セットで百円均一ショップ等で販売されているそうですが探すのになかなか苦労しました。
2Bのノーマルタイプ(黄)とHB芯のハードタイプ(青)、そして太芯タイプ(茶)と3種類があります。

こんなあなたにおすすめ!
・削る手間なく尖った鉛筆を使いたい方
・昔懐かしいギフトに

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–

1 Comment

Comment