温もりある凹凸に萌える夏「活版TOKYO2018」


東京神保町で開催された活版印刷のイベント「活版TOKYO2018」(2018.7.27 〜7.29)に参加しました。

私は最終日にオープンしてすぐに伺ったのですが、この人、人、人!

少し人に飲まれながらでしたが、いくつか買い物(散財)をしてきましたので、購入したものを中心にイベントレポートします。

活字を拾って、スタンプ作り

FIRST UNIVERSAL PRESSのブースでは活字がバラ売りされていました。

まさに「活字を拾う」体験をしながら、選んだ活字を渡して会計していただきます。スタンプに加工していただくこともできましたが、後から組み換えもしたかったのでそのままお持ち帰りしました。

マスキングテープでとめてダブルクリップに挟むだけでも簡易スタンプが出来上がり。

表紙にアルファベットが活版印刷されたA6ノート

シンプルで使いやすそうなノートと出会いました。作り手は東京渋谷で活版印刷をテーマにしたコワーキングスペースを展開するPrintworks Studio Shibuya。

全てのアルファベットに「!」と「?」を加えたラインナップがある「活版糸とじノート」。

私はイニシャルである「T」と「!」を購入。

写真では少しわかりにくいですが、凹凸を指先に感じることができます。

中の紙も書籍などにも使われる紙を使用しているそうです。

選んだ紙で500万通りのストーリーができあがる!?

Kinto.Qのブースではtwitterなどを中心に話題沸騰中の「小さなお話ルーレット」 を体験しました。

まずは手元のルーレットを回します。

四つの数字が決まりますので、順番にお店の人に伝えると該当する番号のカードを取ってくれます。

4枚のカードに書かれた文字を続けて読むと、自分だけの一行物語に!

ちょっと不思議な文章になった人は行間を頭の中で想像(妄想?)するとさらに世界が深まります。

いかがでしたか?雰囲気がある凹凸を楽しめる活版印刷。
これからも注目していきたいと思います。

※お店の写真は全て許可をいただいて撮影しています。

こんなあなたにおすすめ!
活版印刷が好きな人、気になる人
紙文具が好きな人

Infomation

活版TOKYO
http://kappan.tokyo/


– No stationery, No life. 毎日、文房具。–

Comment