そこには男のロマンがついていた「アンモナイト(中屋万年筆 キングダムノート別注)」

12316270_973572489348789_3552316850339608824_nどうして恐竜や化石といった太古の世界には少年をワクワクさせるものがあるのでしょうか。私もその昔、化石が大好きでした。

そんな太古のロマンを感じることができる万年筆がキングダムノートから登場しました。その名も「アンモナイト」。
IMG_0106
中屋万年筆の職人さんが丁寧に丁寧に仕上げた高品質な万年筆に、アンモナイトの化石の純銀製の廻り止めが付いています。
さり気なくそっと・・・というレベルではなくガツン!とアンモナイトが付いています。
12341596_973572426015462_476194546584231183_nこのアンモナイトはもちろんオリジナルデザイン。いぶし仕上げの純銀製で、使えば使うほど銀特有の美しい経年変化が楽しめるそうです。

軸の素材は漆塗りのエボナイト軸と木軸(ブライヤー)の2種類。
まず漆塗りの方から見ていきましょう。
12274224_973572342682137_8977332965478212295_n
なんと約4か月もの時間をかけて職人さんが重ね塗りをされています。光沢が非常に美しいです。
12341336_973572719348766_6349518016509235321_n漆塗りの方は長さの異なる2種類があります。少し小ぶりの”ピッコロ”は、大きさだけでなく軸の尾の部分のデザインも少し異なります。
11254427_973745402664831_4063546349783642623_n角の赤い色がデザインのアクセントになっています。

続いては木軸(ブライヤー)
12301691_973572706015434_1853994865655295864_n
使い込むうちに木の色が深くなり、艶が出てきます。こちらは明るいブラウンと濃いブラウンの2種類があります。
12342346_973572672682104_1910655369382567680_n12313520_973572479348790_1529698386333948837_n

木目の模様が一つ一つ異なりますのでまさに自分だけの一本になること間違いなしですね。
12308586_973572626015442_7265626150743059833_n現代の喧騒の中でちょっとひと息ついて、太古に思いを馳せながら筆記を楽しむことができる特別な一本です。

Cette Recommandé pour vous!
・恐竜や化石が大好きな方
・人とは違うこだわりの万年筆が欲しい方
・中屋万年筆が気になる方

Informations

キングダムノート×中屋万年筆 別注万年筆 「アンモナイト」|キングダムノート
https://www.kingdomnote.com/html/ammonite/index.html

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–- Pas de papeterie, Pas de vie. Chaque jour, de la papeterie. -

Commentaire