毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

Profil

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0


▶ TakaTaku (Takataku)

«Chaque jour, de la papeterie." Représentant et rédacteur en chef / papeterie et planificateurs conseiller

アイコン

仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。日本の文房具の素晴らしさを日本中、世界中に伝えることをライフワークとしています。文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌・新聞の文房具特集への掲載多数。手帳はジブン手帳を愛用。文房具カフェ会員No.79 関西どや文具サミット 会員No.14

icone-twitter-carré@takataku_bungu

réalisations de la couverture médiatiqueCette directionSe il vous plaît voir le.
magazine (1)

▶ まき(Maki)/福島 槙子(Fukushima Makiko)
«Chaque jour, de la papeterie." Rédacteur en chef adjoint / Papeterie planificateur

アイコン2

«Chaque jour, de la papeterie." En tant que rédacteur en chef adjoint en chef / papeterie planificateur doit diffuser de l'information de la papeterie.
その人その人にぴったりの文房具を見つけるお手伝いや、日々の生活に役立つ文房具、主婦目線での文房具の使い方をご提案します。特に好きな文房具は手帳、付せん、猫モチーフのもの。

icon-twitter-square  maki_td

福島槙子 オフィシャルブログ:http://lineblog.me/fukushimamakiko/

Résultats de l'activité (tels que l'apparition d'événements médias publié) estCette directionSe il vous plaît voir le.

▶ はすみ(Hasumi)
「毎日、文房具。」ライター

アイコン4

作る工程が垣間見られるものが大好物。大学では文化的側面から活版印刷の研究をしていました。「もの」を通して「こと」を感じたい。文房具は想いを伝えるための文化だと思っています。誰に何を使って伝えよう。この気持ちが私の文房具好きの原点です。 書く(描く)、見る、作る、伝える、贈る、 という観点で文房具をご提案します。

& Nbsp;


ハヤテノコウジ(HAYATENOKOUJI)

Hayate no Kouji

ヨーロッパ文具と北欧旅行を愛するスケッチジャーナル作家です。モレスキンアートを持って全国を旅するプロジェクト「ハヤテノトーク」、絵日記・旅日記作成を支援する「アナログブロガークラブ」主催。手帳スケッチ本や旅雑誌、文具サイトなどでコラムも書いています。

icone-twitter-carré @hayatenokouji

& Nbsp;

ハヤテノコウジ公式ブログ: sync-ideas.net
ハヤテノコウジ公式サイト: koujihayateno.com

ブルース・アイモン(Bruce Eimon)
翻訳&アドバイザー

アイコン5

シリコンバレーの先端ハイテク業界第一線でプロダクトマネージメント、ソフトウェア国際化担当の経歴を経て、たどり着いたのが文房具というアナログビジネスツール。アメリカに文房具のサードウェーブを引き起こそうとしている起業家。米国人宣教師の親のもと、高校卒業まで日本で過ごす。愛知県の小学校で生徒会長を務めたという政治的な側面も隠れ持っている。好きなのは紙。もっともベーシックでありながらまだまだ無限のイノベーションの可能性があると思っています。

After spending 24 years working at the forefront of the digital revolution in Silicon Valley, chose to focus his efforts on analog business tools, i.e. stationery. Working to change the American notion of “stationery” as tools to enjoy and to enhance one’s creative thinking, not as cheap disposable sources of frustration. Born and raised in Japan where he fell in love with their high-quality stationery.Particularly interested in paper – while it is the most basic of all products, he feels it has great potential for further innovation.

HP:https://thinkonpaper.co/jpn/

& Nbsp;

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–- Pas de papeterie, Pas de vie. Chaque jour, de la papeterie. -

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
Retour Haut