毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

瞬時に!直感的に!月間と週間の予定がひと目でわかる手帳「Pat-mi」

20161214-001去年発売になってからずっと気になっている手帳があります。

ある意味これまでの手帳の概念を大きく覆した「Pat-mi(パットミー)」という手帳です。

「Pat-mi」って?

20161214-006 「Pat-mi」とは月間の予定と週間の予定を瞬時に、かつ直感的に確認できる、変わった形の新しい手帳です。

見開きの上の部分は1週間の予定と1日の時間管理ができる欄になっています。

時間が上から下へ流れるウィークリーのバーチカルタイプのレイアウト。スキマ時間が見えやすいレイアウトで私も愛用しています。
20161214-010下半分は月全体の予定を管理するマンスリーブロックです。カレンダーのように月全体を俯瞰して予定を確認できます。
20161214-009使い方としては、下半分のマンスリーブロックを見て月全体のおおまかな予定を確認し、細かい予定や時間単位でのタスクの管理はその該当の週をパッと開いてバーチカルレイアウトで確認をします。

たとえば1か月全体を見て、9日の週の予定を確認したいと思ったら、
20161214-003
9の週のところに指を入れて開きます。
20161214-004週間の予定や時間ごとの予定がすぐに確認できます。

これは非常に面白いリフィルの作りによって実現されています。
20161214-008 (ひとつひとつ職人さんの手作りです……すごいですね……)

これまでの手帳のちょっと気になる課題を解決!

これまでの手帳、とくに週間の予定を時間軸に沿って書くことができる手帳には2つの課題がありました。

1つ目は、月間と週間のダブル管理Est.

週間ページのある手帳を使っている人は、月間ページに重要な予定やざっくりとした予定を書き、週間ページに時間単位で細かい予定を書いている人が多いと思いますが、どうしても月間ページと週間ページが少し離れたところにあり、パタンパタンと行ったり来たりして記入や確認をする必要がありました。
20161214-013
また、私の場合、時間がないときはとりあえず月間のページに予定をメモしておいて、後から週間のページに転記しようと思って後回しにしているうちに忘れてしまうこともあります。

「Pat-mi」なら月間のパートと週間のパートを瞬時に、かつ直感的に切り替えできますので、予定の確認や記入の際にページをまたいで行き来する煩わしさはありません。記入忘れも激減しそうですね。

この直感的な感覚はスマートフォンやパソコンでGoogleカレンダーなどのスケジューラを触る時に非常に近いものがあると思います。

「予定管理は手帳ではなくクラウドで!」というデジタル派の方にも一度触っていただきたいです。

2つ目の課題は、重さEst.

従来の手帳は月間のページと週間のページがあるのでどうしてもページ数が多くなります。

薄くて軽いのに裏抜けしにくいトモエリバーなど、軽量な手帳用紙を使ってもどうしても紙の束を持ち歩くことになるので重くなります。

結果的に持ち歩くことが面倒くさくなり、いざ予定を確認したいときに手元にないという経験をしたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は小さな文字で手帳に書き込むことがあまり得意ではないので、B6やA5サイズなど少し大きな手帳を使うことが多く、どうしても重くなってしまいます。

そんな課題に対しては「Pat-mi」は、月ごとの「分冊」を提案。

1か月ごとの分冊なのでとても軽くてスマートに持ち運べます。

専用ホルダーに入れるほか、ノートにも挟んで持ち歩くことができます。
20161214-012専用ホルダーは昨年版からパワーアップして2か月分の2冊を一緒に挟めるようになりました。

専用ホルダーに2か月分を挟んでもとっても薄いです。
20161214-015改めて考えてみると、予定を管理するための手帳って今月分と来月分さえあれば、ほとんど事足りるのかもしれません。

過ぎた月の分は保管用ケースでデスクに置いておけば必要な時には見返すこともできますので、普段持ち歩く分は2か月分で十分。

今まで試したことは無かったのですが、分冊もアリ!だなと感じました。

発売開始2年目にしてバージョンアップ!

発売開始から1年が経ち、2年目に突入した「Pat-mi」。今までにない画期的な構造が注目され、多くの手帳ユーザーが「Pat-mi」に乗り換えを行いました。

日本の手帳ユーザーの目はとても厳しく、新たなリクエストも生まれたようですが、開発元のコクヨと、手帳クリエイターであり、「Pat-mi」の開発者でもある佐久間英彰さんはユーザーの声をしっかりキャッチ。

2年目にしてはやくもいろいろと改善点があるようです。

改善点1:時間軸を追加!
20161214-002
今までの「Pat-mi」は記入できる時間が7時台〜23時台でした。

様々な働き方がある中で、やはり要望としては24時間の時間軸が欲しいという声があったようです。

24時間まで広げることはできなかったとのことですが、2017年版の「Pat-mi」はレイアウトの微調整により、前後1時間時間軸が増え、6時台〜24時台まで記入ができるようになりました。

改善点2:専用ホルダーには2ヶ月分収納可能に!

今までの「Pat-mi」の専用ホルダーはクリップで上を留める構造になっていましたので1ヶ月分しか収納できませんでした。

2017年度版ではクリップで留める構造からスリットで差し込むタイプに改善することにより、2か月分を収納して持ち運ぶことができるようになりました。

20161214-00520161214-011クリップで留める形から安定性もアップして、より使いやすくなりました。

そして、2か月分を開いた姿は圧巻!
20161214-0162か月の予定を俯瞰して、やるべきことを前倒しでこなせると余裕を持った生活をおくることができます。これも今までの手帳にはなかなか無いメリットですよね。

他にも、負担がかかりやすい最後のページの紙の強度を上げるなど、ユーザーの声に耳を傾けてより使いやすい手帳にバージョンアップしています。

2年目にして進化が止まらない「Pat-mi」を私も来年使ってみようと考えています。
20161214-014協力:コクヨ株式会社

Cette Recommandé pour vous!
icon-check 時間管理・予定管理が上手になりたい人
icon-check 週間タイプの手帳を使っている人
icon-check いつも重い手帳を持ち歩いている人
icon-check スマートフォンなどデジタルなスケジューラで予定を管理している人

Informations

Pat-mi|コクヨ
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/patmi_diary/

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–- Pas de papeterie, Pas de vie. Chaque jour, de la papeterie. -

ABOUT THE AUTHOR

TakaTaku
仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。 文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌や新聞などの文房具特集に何度か掲載いただきました。手帳はジブン手帳。
Papeterie membre café No.79
Kansai etc., et Association de papeterie membre No.14

Commentaire

Retour Haut