毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

これであなたもふせんの達人「ふせんの技100」

ビジネスシーンではもちろん、最近では勉強にも役に立ってくれるふせん。書いたものを手軽に貼って、剥がして、また貼って。情報を整理したり、アイデアを練ったり、目印にしたりと、とても便利ですよね。

ふせんの活用テクニックがなんと100個も!

この度、枻(えい)出版社から発行された「ふせんの技100」は、そんなふせんの活用方法をなんと100個も提案してくれる今までに無い書籍です。
14695372_1183576728348363_4794960459879608501_n
すぐにでも活用できるテクニックが、たくさんの写真とともに掲載されているので、サラリと目を通すだけでも「あ、これ明日会社でやってみよう。」とワクワクするような発見と出会えます。

また、定番の「ポスト・イット®」だけでなく、まじめなものから面白いものまで様々なふせんが紹介されているので、文房具好きの人にもおすすめです。

著者は手帳評論家の「館神龍彦」さん

14484878_10210873513137937_567068085945305617_n

付箋大王となった館神さんのプロフィール写真。よく見ると背景がふせんアート!

著者は手帳関係で大活躍されている手帳評論家の「館神龍彦」さん。

なぜ手帳の達人がふせんの本を?と思ったのですが、よく考えるとふせんも手帳もと同じく「何かことを成し遂げるためのツール」なんですよね。そこにふせんと手帳の共通点があるように感じました。

そんな館神さんが追求した「ふせん学」やコラムも読み応え十分。これはただのふせん活用本ではないですよ!

This Recommended to you!
icon-check ふせんをよく使う人
icon-check 文房具が好きな人
icon-check 館神さんのファンの方

Information

ふせんの技100| 枻(えい)出版社
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/detail/bungubako-b-424903/

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–– No Stationery, No life. Every day, stationery. -

ABOUT THE AUTHOR

TakaTaku
仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。 文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌や新聞などの文房具特集に何度か掲載いただきました。手帳はジブン手帳。
Stationery cafe member No.79
Kansai etc. and stationery Association member No.14

Comment

Return Top