毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

万年筆 アーカイブ - Every day, stationery. | ~No Stationery,No life.〜

Category
コラム|初めての万年筆選び〈後編〉~ペン先調整も頼める神戸の「Pen and message.」〜
5110

コラム|初めての万年筆選び〈後編〉~ペン先調整も頼める神戸の「Pen and message.」〜

店主「ではペン先調整をしていきましょう。これからお好みの書き味に微調整していきます」 好みの書き味に調整……! これは初めての経験です。普段のペン選びは試し書きをして、好みに合ったペンを購入したら終わり、あとは持ち帰って使うのみですが、万年筆ではさらに自分の手に馴染ませる工程があるというのです。販売だけでなく、調整もし...
コラム|初めての万年筆選び〈前編〉〜 万年筆を選ぶ時のポイントは?〜
6618

コラム|初めての万年筆選び〈前編〉〜 万年筆を選ぶ時のポイントは?〜

文房具好きと言いながら、私、実はまだ万年筆デビューをしていませんでした。 万年筆ユーザーの方々をよこ目に、安価な物ではないし、手入れも必要だと聞いたし……と手が出せずにいたのですが、ついに満を持して初めての万年筆を購入しました。 今回は私の「万年筆デビュー」に至るまでをレポートしたいと思います。 はじめての万年筆はどう...
最後を締めくくる京野菜万年筆は「白子たけのこと伏見はなな」
5538

Finally conclude Kyoto vegetables fountain pen "milt bamboo shoots and Fushimi Kana"

"Every day, stationery." Collaboration fountain pen even KINGDOM notes has been to introduce often "Kyoto vegetables series" also finally became the last in the current "Spring of Kyoto vegetables". Rounding out the last of the "soft roe (milt) bamboo shoots" and "Fushimi Kana". Both are typical Kyoto vegetables decorate the Kyoto table of spring. First, let's take a look from "milt bamboo shoot". To begin with Kyoto vegetables is this ..,ja.
The Real Thing for Less than $5.  Preppy – The best selling fountain pen in the world.
3558

The Real Thing for Less than $5. Preppy – The best ...

日本語の記事はコチラ(An original article was written by Maki.) Fountain pens are growing in popularity, but many people still think that they are expensive and difficult ...
お知らせ|プラチナ万年筆のプロモーション動画に出演しました。
2899

News | I've appeared in Purachinaman'nenhitsu promotional video.

プラチナ万年筆の「紙飛行機で届ける手書きメッセージ・リレー」に副編集長のまき(福島槙子)が参加しました。 この動画はプラチナ万年筆の工場長さんから始まり、万年筆で書いた手紙を紙飛行機にして繋いでいくという企画です。 今回はまきを含め文具王・高畑 正幸さんや「趣味の文具箱」編集長・清水 茂樹さん、女優の高島 礼子さんなど...
京野菜万年筆第3弾は「金時にんじんと聖護院かぶら」
5346

京野菜万年筆第3弾は「金時にんじんと聖護院かぶら」

11月のある日、私はまた新宿のキングダムノートさんにお声かけをいただきました。 「たかたくさん、京野菜シリーズの第3弾ができました!冬の京野菜です!なんだと思いますか?答えは実物で確認してください〜♪」 「はい…。かしこ…まり…ました(苦笑)。行きます!」(たかたく) キングダムノー...
心震わせるほど美味しいビールと万年筆への想いが実りました。「récolte レコルト」
5672

心震わせるほど美味しいビールと万年筆への想いが実りました。「récolte レコルト」

文房具を取り扱う雑誌やウェブマガジンなどで連載を持ち、文房具に関する書籍も多数出版しているフリーアナウンサーの堤信子さんが、この度、三越伊勢丹の「百年百貨」(※)プロジェクトで「万年筆とインク」を企画プロデュースしました。 その名も「récolte レコルト」。レコルトとはフランス語で「実り」を意味します。 なんと、濃...
Return Top