なめらかな書き味が魅力のスイス製ボールペン「849コレクション」

カランダッシュの代表的モデルであり、定番商品として長く愛され続けている「849(ハチヨンキュー)」という油性ボールペンをご存知ですか?

カランダッシュはスイスで唯一の画材と高級筆記具のメーカー。カランダッシュとはロシア語で「鉛筆」の意味です。
創業は1915年、前身となる鉛筆工場が設立されたところからカランダッシュの歴史が始まります。

全ての製品は、ジュネーブで生産されており、「SWISS MADE」の印がつけられています。

それでは、849の特徴を見ていきましょう。

シンプルでスタイリッシュなデザイン

余計な部品や装飾は無く、シンプルでスッキリとしたデザインです。様々なカラーがありますので自分に似合う色を選んだり、またTPOで使い分けるのも楽しいですよ。

軸は鉛筆に近い六角形をしていて、指先にしっかりと馴染みます。

素材はプラスチックではなく、ラッカーコーティングされたアルミ合金製。程よい重さを手に感じながら書くことができます。

最小限の部品で構成されており、余計なつなぎ目がないことも美しさの理由であり849の特徴です、

部品が少ないということは、その分故障も起きにくいということです。スイスならではのものづくりを味わうことができます。

ちょうど良い長さは使い続けた鉛筆もヒントに


次に外見から気になるのは、一般的なボールペンと比べ少し短いところです。少しコンパクトで手に収まるサイズ。
握ってみると短すぎることは決してなく、程よい長さを感じていただけると思います。

メーカーの方にお聞きしたところ、この独特の長さのヒントは鉛筆にあるとのことでした。
鉛筆は使い始めは少し長く、扱いにくいのですが、使い続けるうちにちょうど良い長さがやってきますよね。
この「鉛筆のちょうど快適な長さ」が849の長さのヒントになっているそうです。

一般的なボールペンよりも短いため、ノックまですぐに親指が届きます。

書き味はとてもなめらか

少し粘度がある油性ボールペンの特徴は残しながらも、とってもなめらかな書き心地です。(ゲルインクではありませんのですべるような書き味ではありません。)

当然リフィルもジュネーブで製造されており、高い品質管理と厳しい検品をクリアしたものだけが出荷されています。
隠れていて見えませんがリフィルの先端には5本のインクの通り道があります。インクの流れが細分化されることで引っかかりやインク漏れによるボタ落ちを起こしません。

ステンレスチップの先端にはタングステンカーバイド(炭化タングステン:ダイヤモンドにも匹敵する硬度を持つ超硬合金)のボールがセッティングされており、1本のリフィルでA4用紙にして600枚、距離にすると直線で約8,000mもの距離を書くことができる大容量リフィルとなっています。

名前はつかないことが多いリフィルに、「ゴリアット」(旧約聖書に登場するペリシテの巨人が由来)という名前が付いていることからもカランダッシュの自信を感じることができます。

ノック音も静か


849はボールペン独特のカチカチというノック音はしません。金属が静かに沈むような「スクッスクッ」というような不思議な感触と音の虜になる人も多いようです。

カラーが豊富で様々な限定モデルも発売

ベーシックカラーから蛍光色、そして様々なコラボや限定品が発売されています。自分に合う色を選ぶだけでなく、ギフトとして相手に合う849を選ぶのもおすすめです。

ファッションのワンポイントに合わせてもOK

自分が好きな色、似合う色を選んだら、2本目はファッションやTPOに合わせてみましょう。
たとえばネイビーのスーツを着るときには、差し色として蛍光ピンクの849を使ってみてもいいのではないでしょうか?大人の色気を出すことができます。

1969年の発売開始からもうすぐ50年になる「849コレクション」。
世界中で愛されるボールペンの魅力をぜひ一度お試しください。

此推荐给你!
icon-check 仕事でボールペンを使う機会が多い方
icon-check お客様にサインや契約書を書いてもらう機会が多い営業・接客の方

信息

849コレクション(ボールペン)|カランダッシュ
https://www.carandache.co.jp/849-2/

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。– - 无信纸, 没有生活。每天,文具等。 -

评论