毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

文具を買うだけでなく、交流し学べる場所。国立の「つくし文具店」


国立駅から歩いて20分ほどの住宅街に店を構える「つくし文具店」。文具が好きな方ならきっと一度は聞いたことがある「つくしペンケース」など、オリジナルの文具も人気が高い文具店です。

お店の周りは近所の人たちがちらほらと行き交う程度の、のどかな雰囲気。


入口は大きなガラス戸なので、外からも店内の様子が伺えます。

お店に入ってみると、三畳ほどの小さな空間にオリジナル文具や店主の知り合いがデザインを手掛けた文具などが並べられていました。

お店の中でもひときわ目立つのは大きな黒板。日付と日直が書かれています。

つくし文具店では「ちいさなデザイン教室」という学びの場も企画しています。毎年少人数の生徒を募集し、月に1回、つくし文具店に集まって話し合いながら、1年間かけてデザインについて考えるというもの。その生徒さんたちが「日直」として日々つくし文具店の店番をしているんだそうです。

この日の日直は笑顔が素敵なちるさん。日直制のことやデザイン教室のことなど、いろいろなお話を聞かせてくれました。

ちいさなお店ですから、置いてあるアイテムの数は多くはありません。でもほかではあまり見ることがない個性豊かな文具が揃っています。

つくし文具店のテーマは「つながる くらしと しごと」。「大人が寄り道したくなるコミュニティスペースを作りたい」という店主・萩原さんの思いから、ただ文具を買うためのお店ではなく、人と人とが出会う場所、デザインや日々の暮らしについて考える場所になっているんです。

都心の文具店にはない、ゆっくりとした空気が流れるつくし文具店。

駅からバスやタクシーを利用するという手もありますが、ぜひ散歩がてら歩いて行ってみてください。天気のよい休日に足を延ばして訪れるのにぴったりの場所ですよ。

此推荐给你!
icon-check 文具店巡りが好きな方
「つくしペンケース」など、つくし文具店の文具が好きな方
文具を買うだけではない文具店を楽しみたい方

信息

つくし文具店
HTTP://www.tsu-ku-shi.net/
住所:東京都国分寺市西町2-21-7
アクセス:JR国立駅 北口より徒歩20分 もしくはバス使用

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。– - 无信纸, 没有生活。每天,文具等。 -


ABOUT THE AUTHOR

まき(福島 槙子)
「毎日、文房具。」副編集長。文具プランナーとして文房具の情報を発信しています。その人その人にぴったりの文房具を見つけるお手伝いや、日々の生活に役立つ文房具、主婦目線での文房具の使い方をご提案します。特に好きな文房具は手帳、付せん、猫モチーフのもの。

评论

返回首页