毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

Play/Pause

Contents

福島に居ながら各地の文房具に出会えるお店「irodori(イロドリ)」
2030

福島に居ながら各地の文房具に出会えるお店「irodori(イロドリ)」

JR福島駅から数キロ離れた場所にある文具店「irodori(イロドリ)」。道沿いに見えてきた看板の先に、とても素敵な店舗がありました。 木目が美しいドアを開けると、所狭しと文房具が並んでいます。国内メーカーのものから海外のものまで、店長さんがセレクトした彩り豊かなステーショナリーたち。ちょっと他では見かけないようなもの...
筆ペンのストレスを見事に解消!「完美王」
2101

筆ペンのストレスを見事に解消!「完美王」

前々から気になっていたのですが、筆ペンの買い替えのタイミングを待って試していなかった呉竹の「完美王」。 そろそろ年賀状シーズンということで、遅ればせながら使ってみました。 「完美王」最大の特徴は、本体を押さなくてもスムーズにインキが出てくるところ。この情報は既に耳に入っていましたが、一体どれほど使いやすくなっているので...
お知らせ|読売新聞「YOMIURI ONLINE」に寄稿記事が掲載されました
2618

お知らせ|読売新聞「YOMIURI ONLINE」に寄稿記事が掲載されました

読売新聞が運営する「YOMIURI ONLINE」深読みチャンネルに、副編集長のまき(福島槙子)が寄稿した記事が掲載されました。 ■ 日本人はなぜアナログ手帳を使い続けるのか?|YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20161125-OYT8T...
お知らせ|パソナキャリア運営のウェブメディア「はたラボ」に掲載されました
838

お知らせ|パソナキャリア運営のウェブメディア「はたラボ」に掲載されました

転職エージェントのパソナキャリアが運営するウェブメディア「はたラボ」に、副編集長のまき(福島槙子)が掲載されました。 ■ 万年筆初心者におすすめのモデルと書き方のコツを文具プランナーに聞いてみた|はたラボ 記事では万年筆初心者におすすめのモデルや、初めて使用する際につまづきやすい点についてまとめられています。 また、ビ...
ノック部分の消しゴムがガシガシ使える!「デルガード Type-ER」
3833

ノック部分の消しゴムがガシガシ使える!「デルガード Type-ER」

芯が折れないシャープペン「デルガード」から新製品が登場しました。 「デルガード Type-ER」という名前で、ノック部分の消しゴムに着目した製品です。 ノック部分の消しゴムは使いにくいイメージ!? シャープペンシルについている消しゴムってちょっと使いにくいと思ったことはありませんか? これまで、シャープペンについている...
【プレゼント企画】3名様に「サイン本&文房具のセット」をプレゼント♪
2259

【プレゼント企画】3名様に「サイン本&文房具のセット」をプレゼント♪

作者の星屑七号先生&ヤングガンガンコミックス様から「毎日、文房具。」の読者のみなさんに、「サイン入り文具少女ののの(1巻)&文房具のセット」のプレゼントをご用意いただきましたのでプレゼントキャンペーンを実施します。ぜひご参加ください! ■「文具少女ののの」の記事はこちら http://mai-bun.com/nonon...
文具好きは必読!?ツッコミどころ満載の文具マンガ「文具少女ののの」
2225

文具好きは必読!?ツッコミどころ満載の文具マンガ「文具少女ののの」

いや〜文具好きにはとても楽しいマンガです。 ヤングガンガンで大好評連載中の「文具少女ののの」は、文房具が好きで好きでたまらない女子高生「のの」が、芯の折れない特別なシャープペン「ロクロック」と一緒に悪しき文房具「BS(ブラックステーショナリー)」と闘う、バトルラブストーリーです。 主人公の一人である「ロクロック」がこち...
もうメモがなくならない!しっかりくっつく&何度も使える「クリップステッカー」
3513

もうメモがなくならない!しっかりくっつく&何度も使える「クリップステッカー」

“手帳と一緒に使う文房具”はいろいろありますが、みなさんはどんなものを使っていますか? 最近私が愛用しているのが、こちらの「クリップステッカー」。アーティミスの「DIARY+(ダイアリープラス)」シリーズのアイテムです。裏面に「ウレタン粘着シート」が使用されていて、何度も貼ったりはがしたりすることができる、少し厚みのあ...
心震わせるほど美味しいビールと万年筆への想いが実りました。「récolte レコルト」
3544

心震わせるほど美味しいビールと万年筆への想いが実りました。「récolte レコルト」

文房具を取り扱う雑誌やウェブマガジンなどで連載を持ち、文房具に関する書籍も多数出版しているフリーアナウンサーの堤信子さんが、この度、三越伊勢丹の「百年百貨」(※)プロジェクトで「万年筆とインク」を企画プロデュースしました。 その名も「récolte レコルト」。レコルトとはフランス語で「実り」を意味します。 なんと、濃...
新メンバー加入のお知らせ
1918

新メンバー加入のお知らせ

いつも「毎日、文房具。」をご覧いただき、誠にありがとうございます。 この度、「毎日、文房具。」は新しいメンバーとして「ブルース・アイモン(Bruce Eimon)」さんを翻訳&アドバイザーとしてお迎えすることになりました。 世界に向けた文房具の情報発信をより一層強化します。 引き続きよろしくお願いいたします。 ▶ ブル...
Return Top