毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

今までにない絶妙な色!サラサクリップ新色「ビンテージカラー」&「ネオンカラー」


サラサラとした書き味と豊富なカラー展開が魅力のノック式ボールペン「サラサクリップ」。昨年はパステル調の「ミルクカラー」がラインナップに加わりましたが、今回は新たに「ビンテージカラー」と「ネオンカラー」が登場しました!sarasaclip_nv11_4

明るい蛍光色が特徴の「ネオンカラー」は、ネオンイエロー、ネオングリーン、ネオンオレンジ、ネオンピンク、ネオンパープルの5色。sarasaclip_nv12_4

シックで深みのある「ビンテージカラー」はレッドブラック、ブラウングレー、グリーンブラック、ブルーグレー、ダークブルー(*1)の5色です。

このカラーラインナップ、ボールペンとしてはちょっと珍しいと思いませんか?

大人が手帳やビジネスシーンで使えるボールペンを!

ゼブラ社で長年に渡って「サラサクリップ」の開発を担当してきた鈴木香奈江(すずきかなえ)さんは、今回「サラサクリップのファン層をさらに拡大したい」との思いから新色を開発したそう。特に「ビンテージカラー」ではさまざまなチャレンジをしたとか。

sarasaclip_nv2▲鈴木香奈江さんは日々「サラサクリップ」の開発に邁進中!

「これまで、サラサクリップのカラーラインナップを使いこなしていたのは、主に学生でした。社会人の方にもサラサクリップ自体はたくさん使っていただいていますが、やはり赤や黒の使用がほとんどだったんです。大人になるとカラフルなペンは日常であまり使いませんからね……。でも今回は大人の方々にもよりさまざまなカラーを使ってもらえるように、“黒の代わりになる色”としてビンテージカラー5色を展開しました」(鈴木さん)

以前からラインナップされていた「ブルーブラック」も黒の代用として大人を中心に人気だったため、今回はさらにおしゃれに書けるニュアンスカラーを開発。

色を決めるときに参考にしたのは、万年筆のインクです。

sarasaclip_nv3
「万年筆って本当にたくさんの種類のインクがあって、インクを選ぶのも万年筆ユーザーの大きな楽しみになっていますよね。気に入った色のインクで、手帳やメモ、手紙を書く。近年は万年筆ブームで、多くの人がインクにもこだわりを持っています。そういった部分を参考にして、ボールペンでも自分らしいインクを選べるようなラインナップを目指しました」(鈴木さん)

sarasaclip_nv20
たしかに、手帳に予定やタスクを書き込むとき「気に入った色のインクを使いたい!」という人は多いはず。万年筆よりも気軽に使えるボールペンでこういった絶妙なカラーの選択肢があるのはとっても嬉しいことです。気に入った色のペンを持っているだけで、書くことがいつもよりも楽しくなってきますよね。

また、自分らしい色のボールペンを1本持っていればビジネスシーンでも大活躍! 例えば職場で回覧資料に意見などを書き込むときに使えば、印字されている黒い文字列に埋もれませんし、悪目立ちせずさりげない主張ができます。もしかしたらぱっと見ただけですぐに「○○さんの書き込みだ!」と気づいてもらえるかも……?

何色か使用してマインドマップを色分けする、なんて使い方も。よりしっかりと頭の中が整理されそうです。

sarasaclip_nv6▲ゼブラの女性広報Sさんが「納期を守れない」という問題を解決するため実際に書いてくれました(笑)

見た目もセンス抜群!雑貨みたいなカラーリングのボディ

インク色だけでなく、軸の色もこれまでのサラサクリップとはひと味違います。

sarasaclip_nv14
「これまでのサラサクリップの軸は、インク色やインク残量がわかりやすいように、大部分が透明になっていました。でも大人の方にはそれがややチープに見えてしまっていたんです。そこで、ビンテージカラーでは思い切って全体にインクと同じ色をのせ、クリア部分をなくしました」

「クリップはナチュラルで親しみやすい印象のアイボリー。これはデザイナーといくつもの雑貨屋さんに足を運び、大人にはどんなカラーリングが受けているかをリサーチして決めました」(鈴木さん)

sarasaclip_nv13
アイボリー&インク色のツートンカラーのボディは、確かに今までのサラサクリップよりもぐっと大人っぽくて、落ち着いた雰囲気。

さらに、クリップに印刷されている金色のロゴがキラっと輝き、上品なワンポイントに。まるで雑貨のようなかわいらしさなので、バッグの外ポケットにはさんでおきたくなりますね。

sarasaclip_nv10▲挟んでおくだけでオシャレにみえる!? 丈夫なクリップだから安心です

同シリーズで価格も同様ながら、透明な軸のサラサクリップよりも“ちゃんとしたペン”に見えるのは嬉しいところ。仕事中に人前で使うときもチープさを感じさせません。

元気が出そう!はじけるネオンカラー

sarasaclip_nv16▲新色の中でも特に鈴木さんがお気に入りだという「ネオンオレンジ」

一方の「ネオンカラー」は若者向けの、元気が出そうな5色展開。細い筆記線でしっかりと蛍光感を出すのは難しかったそうですが、5色ともまさに「ネオンカラー」というネーミング通りの発色のよい蛍光カラーです。

原宿カルチャーやティーンの世界観を表現するのにぴったりで、「中高生の女の子たちに、手帳はもちろん交換日記やプロフィール帳などでも使ってほしい」と鈴木さん。ネオンイエローは文字を書くとやや読みづらいかもしれませんが、星やキラキラを書き込むのにはぴったりです。sarasaclip_nv4
蛍光ペンと合わせて教科書にメモするのにも活躍しそうですね。 sarasaclip_nv7

あなたの好きな色がきっと見つかる

sarasa_nv_t3今回の「ビンテージカラー」と「ネオンカラー」の追加で全46色のラインナップとなったサラサクリップ。国内のノック式ジェルボールペンとしては最も多くのカラーバリエーションとなりました。これだけあればきっとあなたのお気に入りの色も見つかるはずです。

写真だとなかなかインクの色が持つ本来の魅力が伝わらないのが残念なところ。特に「ビンテージカラー」の絶妙な色のニュアンスは、ぜひ生の筆記線を見て、感じてほしいです。

試し書きのできる文房具店などで色を確かめて、自分にぴったりのサラサクリップを見つけてくださいね!

(*1)「ダークブルー」と「ブルーブラック」のインクは同色です

こんなあなたにおすすめ!
ビンテージカラー
 icon-check 黒やブルーブラックに飽きてしまった人
  微妙な色合いにこだわりがある人
  万年筆のようにボールペンのインク色も選びたい人
ネオンカラー
 
元気がでるカラーのボールペンを使いたい人
  細くくっきりした筆記線が書ける蛍光ペンを探していた人
  手帳や手紙をかわいくデコりたい人

Information

サラサクリップ ネオンカラー/ビンテージカラー|ゼブラ
http://www.zebra.co.jp/press/news/2016/0802_1.html

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–


ABOUT THE AUTHOR

まき(福島 槙子)
「毎日、文房具。」副編集長。文具プランナーとして文房具の情報を発信しています。その人その人にぴったりの文房具を見つけるお手伝いや、日々の生活に役立つ文房具、主婦目線での文房具の使い方をご提案します。特に好きな文房具は手帳、付せん、猫モチーフのもの。
Return Top