毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

手のひらサイズに8つの使いやすさをギュッと濃縮「サクリフラット」

每日のように私の仕事を支えてくれているホッチキスがあります。(今日は会社から持って帰ってきました。)
それがこのコンパクトな手のひらサイズのホッチキス「サクリフラット」です。
10370995_1015391541833550_896498203860107204_n コンパクトサイズでありながらこのホッチキスには8つの使いやすさがギュギュギュっと詰め込んであります。その使いやすさは日本ユニバーサルデザイン研究機構から使いやすい製品として評価されるほどです。私が気に入っている8つのポイントをご紹介します。

軽い力で綴じられる。最大28枚綴じられる。

初めてサクリフラットでホッチキスを綴じた同僚はたいていその感触の軽さに驚きます。独自の軽とじ機構で綴じる力は従来品の50%と半分。2〜3枚でも軽やかに、そしてなんと最大28枚もの紙を通常の10号針で綴じる事が可能です。

この予備針ポケットに何度も救われました。本体と合わせて針の装着数は合計200本!

10338278_1015390701833634_8891732406380152532_n突然予期せずやって来るアイツ。そう、ホッチキスの針切れです。軽快に書類を綴じていると、肩透かしを食らったような感覚で手元が「カスン・・・。」自分のデスクであればすぐに針の補充ができますが、倉庫や会議室や販売の現場などデスクから離れたところで針切れに出くわすと絶望的な気持ちになります。でもサクリフラットなら予備の針をなんと100本も装着できるポケット(ストッカ)が付いていますので、いざというときにはこの予備の針を本体に装填すればOK。私はデスクに戻ったら予備ポケットに針を補充するようにしていますのでサクリフラットを使うようになってからは針切れに困ったことはありません。何度もピンチを救ってもらいました。
コンパクトですが本体には100本の針が装填可能ですのでフル装備ではこのコンパクトなボディに200本の針が用意できることになります。
IMG_2154

綴じた針はフラットクリンチでスマートに

IMG_2160
綴じた針の裏側はフラットになるフラットクリンチ。書類を重ねてもかさばらずにスマートなので会議資料を準備する際やホッチキスを綴じたままファイリングする時に活躍します。

針の装填がかんたん!

12743529_1015387875167250_8841438600742174249_nカバーがこんなにも大きく開くのでホッチキスの針を装填するときも簡単。また、黄色い針置き台があるおかげでトレイの中で張りがひっくり返ってしまうこともありません。さりげないポイントですが針が切れて焦っている時ほど装填には手間取ってしまうことが多いのでこの気配りは嬉しいですね。
IMG_2155

しっかり針をキャッチするリムーバー

12744036_1015387851833919_3305577004068162784_nホッチキスには針をとるリムーバーが付いていることが多いですが、サクリフラットのリムーバーは取った針をしっかりキャッチしてくれる針おさえが付いています。抜いた針がどこかへいってしまうことがありませんのでつまんですぐにゴミ箱に入れることができます。

斜めカットで紙を挟みやすい

IMG_2156紙を挟む入り口は中に入りやすく挟みやすいように斜めカットになっています。

下部の凹みが人差し指にフィット

IMG_2157
本体下部にはほんの少しだけ凹みがあり、ここに人差し指が優しくフィットします。一番使いやすい場所に自然と指が添うので、無意識に力の入る正しい位置で握ることができます。

針の残りが横から見える。

IMG_2158
いちいちフタをオープンにしなくても横の窓から針の残りを確認することができます。針が少ないことがここから見えていると、突然の針切れにびっくりすることもありません。

ホッチキスはビジネスシーンではかなり登板機会の多い文房具です。一度ぜひサクリフラットとご自身のデスクのホッチキスを比べてみてください。

こんなあなたにおすすめ!
・仕事でホッチキスをよく使う方
・手のひらが小さい女性や学生の方
・ホッチキスを使っていたら突然針がなくなって困ったことがある方

Information

サクリフラット(HD-10FL2)|マックス
http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_catalog.html?product_code=HD91711

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–

ABOUT THE AUTHOR

たかたく
仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。 文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌や新聞などの文房具特集に何度か掲載いただきました。手帳はジブン手帳。
文房具カフェ会員No.79
関西どや文具会 会員No.14

Comment

Return Top