毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

万年筆をゆっくり試して選べます。福島の文具店「Pentonote(ペントノート)」


福島駅から歩いて10分程度のところにある、県庁通り商店街。アーケードを歩いていると、青い壁の素敵な文具店が目に飛び込んできます。

pentonote_2
お店の名前は「Pentonote(ペントノート)」。『ペンとノートのある暮らし』をコンセプトに、万年筆やボールペン、シャープペンといった筆記具や、ノート、便箋、カードなど暮らしを彩る文具や雑貨を取り扱っているお店です。

pentonote_1
「Pentonote」は福島県で80年以上のあいだ文具店を営んできた「文化堂」が2012年に新たに設けた店舗です。同じ商店街の中には文化堂の店舗が以前からありましたが、万年筆やノートを試せる場所がなかったため、新たにこちらの店舗を出店したそうです。

店内にはゆっくりと座って万年筆を試筆できるスペースがあり、気さくな店長さんが笑顔で相談にのってくれます。

pentonote_4
ショップカードもお店の名にちなんだデザイン。

万年筆は国産から海外メーカーまで、充実の品ぞろえ。時期によっては特価の掘り出し物も見つかるかも。万年筆にぴったりの上質なノートも多数そろっているほか、ペンをモチーフにした雑貨なども並んでいました。

pentonote_3
夕方になり薄暗くなると、アーケードに取り付けられた看板とお店のなかがポウッと明るくなり、あたたかい雰囲気がただよいます。

私が訪れた日曜日の夕方も、何組ものお客さんがお店に訪れていました。

文房具が大好きで仕方ない少年とそのお父さん、万年筆を使ってみたい男性、おしゃれな文房具を探しに来た女性たち──。どんなお客さんもやさしく迎え入れてくれる「Pentonote」。

ペンやノートが欲しいときはもちろん、目的がなくてもついつい立ち寄りたくなる、居心地のよいお店です。

こんなあなたにおすすめ!
 icon-check 
素敵なペンやノートを探している人
  万年筆を使ってみたい人

  福島に訪れた人

Information

Pentonote(ペントノート)
http://pentonotelife.com/
住所:福島県福島市大町9-17
アクセス:JR福島駅 東口より徒歩10分

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–


ABOUT THE AUTHOR

まき(福島 槙子)
「毎日、文房具。」副編集長。文具プランナーとして文房具の情報を発信しています。その人その人にぴったりの文房具を見つけるお手伝いや、日々の生活に役立つ文房具、主婦目線での文房具の使い方をご提案します。特に好きな文房具は手帳、付せん、猫モチーフのもの。
Return Top