毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

パステルカラーのクリアーファイル「Pasty(パスティ)」で勉強をもっと楽しく

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

IMG_6342

6月1日に新発売されるクリアーファイルシリーズ「Pasty(パスティ)」。可愛らしすぎないパステルカラーに、表面の絶妙なグラデーション配色……。机の上がパッと明るくなるクリアーファイルです!

pasty_1

女子高校生のために、とことん女子高校生に向き合って作った

「Pasty」シリーズは女子高校生をコアターゲットにして作られました。

開発を担当したプラスの若手社員・戸坂妃那(とさか ひな)さんは、女子高校生の生の声を集めるために実際に高校へ何度も足を運びながら開発を進めたと言います。

pasty_2▲ついに発売する「Pasty」を手に、うれしそうに語る戸坂さん

「女子高校生の多くは、授業で配られるたくさんのプリントを、科目ごとに複数のクリアーファイルを使い分けて整理していることが分かったんです。クリアーファイルは1ページずつめくれるので、電車の中などでもプリントを1枚1枚読みやすいんですよね。学校や塾などへの持ち運びに適しているんだと思います。クリアーファイルを10冊以上持っているという女子高生が想像以上に多くて、驚きました」(戸坂さん)

さらに、女子高校生ならではのこんな悩みも。

「彼女たちの1ヶ月のお小遣いの平均は5,000円。限られたお小遣いの中で文房具を買い揃えなければいけないので、全部を好きなものにするのが難しい。好みではないけれど安い文房具も組み合わせて使っているのが実情でした。

でも彼女たちは『本当は自分のお気に入りを使いたい』と考えているんですよね。ヒアリングをして、クリアーファイルのヘビーユーザーである彼女たちが気に入って使ってもらえる『スタンダードでかわいいクリアーファイル』を作りたいと強く思いました」(戸坂さん)

上司の児島康倫(こじま やすのり)さんも「とにかく女子高校生ととことん向き合って、純粋に彼女たちのためを思って作っていた」と、戸坂さんのひたむきで真っ直ぐな姿勢に感心したそう。

pasty_11▲まるで仲の良い親子(!?)の様にも見える、戸坂さん(左)と児島さん(右)

こうして試行錯誤を経てできあがったのが「Pasty」シリーズ。特徴をもう少し詳しくチェックしてみましょう!

充実のパステルカラー8色展開。複数冊の組み合わせもキレイに決まる

「Pasty開発にあたり、色には特にこだわりました。制服や校則といった規則がある中で、文房具は女子高校生が学校で自由にできる数少ないおしゃれのひとつ。服を選ぶように文房具も好きなものを選んでおしゃれを楽しんでもらいたいと思って、彼女たちへのヒアリングで人気の高かったパステルカラーにしました。憂鬱な勉強を少しでも楽しんでもらえるように、明るくフレッシュな色味・色名にしたのもポイントです」(戸坂さん)

ピンク系だけでも濃淡が異なる3色を展開しているところにも、戸坂さんのこだわりがうかがえます。

「自分の好きなピンクを選んでも、近いジャンルの教科をグラデーションで揃えてもいいと思います」(戸坂さん)
pasty_3-1

トーンが揃っているから、異なる色系統を合わせてもスッキリまとまります。
pasty_3-2

同時発売される「Pasty Petit(パスティ プチ)」は、外ポケットがないシンプルなクリアファイルで、お値段もお手頃。プリントが増えすぎたら、「Pasty」と同じ色の「Pasty Petit」を揃えて管理することもできます。
paty_4

ポケットと同色の背プレートには、用途を簡潔に書くのに十分なだけの余白があります。ファイルと同系色のマスキングテープでラベルを作れば見た目もスッキリです。
pasty_5

ファイル表紙の花びら柄。その正体は「ポケット」

まるで花びらのように切り取られたデザインが特徴的な「Pasty」の表紙。実はこれ、単なるデザインではなく、「ポケット」として使えるようになっているのです。

「高校では授業が自分の教室以外でも行われるため、短い休み時間の間に教室移動をしなければいけません。『急ごうとすると、一緒に持ち歩いている付せんやシールなどの小物が散らばってしまうことがある』と聞いたので、小物をサッと入れてすぐに移動できるように、ポケットをつけることにしました」(戸坂さん)

表面のポケットには、付せんやシール、メモ帳などを収納。こまごまとしたものは、ポケットが重なり外に飛び出しにくい右側に入れるとより安心です。
pasty_6

裏面ポケットは、もらったばかりのプリントの一時保管場所として使えそうですね。
pasty_8

「インデックスシート」も使えば、プリント整理がさらにスッキリ

クリアーファイルの中に入れて使う「インデックスシート」(別売)も一緒に使うと、より細かなプリント管理ができます。クリアカラーなので、シートの後ろに資料を入れても問題なく資料の文字を読めるんです。ポケットを無駄にせず、プリントの分類・整理ができますね。
pasty_9

学生さんなら、選択科目など授業数が少ない科目のプリント仕分けに。会社員の方なら、プロジェクトやイベントごとに必要な資料の目印として。タブ部分に必要な資料名を書いたインデックスシートをあらかじめクリアポケットに入れておけば、うっかり資料を忘れてしまうこともなくなりそうです。

このインデックスシート、実はファイルの枠からタブがはみ出ないように計算して作られています。ファイルボックスやバッグに入れたときに、タブが折れたりひっかかったりしないので、安心ですね。

その仕組みはいたってシンプル。中のポケットを通常より下げた位置に固定しているので、クリアーファイルの表紙の大きさは他のファイルと同じなのに、タブが上からはみ出さないのです。簡単な仕組みに思えますが、精度の高い技術があるからこそ作れるものなのです。

なんとなく「嫌だなぁ」と感じる小さな不満がなくなるのは嬉しい限りですね。

pasty_10-1▲ファイルの表紙を開いた状態だと、しっかりタブが見えますが……
pasty_10-2▲表紙を閉じるとこの通り、上からタブが飛び出さず、すっきり!

Pastyシリーズは女子高校生のために作られたクリアーファイル……といっても、もちろん女子高校生だけしか使えないものではありません。落ち着きのあるパステルカラーなので、「自分好みの文房具を使って仕事をしたい」と思う働く女性が使っても素敵です。

自分の好みと用途に合った組み合わせを選んで使ったら、仕事も勉強ももっとはかどりそうですね。

こんなあなたにおすすめ!
・複数科目のプリント整理に悩んでいる学生
・会議やイベント、プロジェクトの資料準備に手間取りがちな人
・「文具も大好きなパステルカラーで揃えたい!」という女性

Information

Pasty(パスティ)|プラス
http://bungu.plus.co.jp/product/file/pasty/

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–

LINEで送る
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ABOUT THE AUTHOR

彩織
ライター。ブログ「文房具女子の彩り日和」の運営をきっかけに、雑誌などのメディアでおすすめ文房具や旅ノートの使い方を紹介するようになる。ノート愛好家交流会の企画・運営や、オリジナル革製ノートカバーの発案といった経験も持つ。

Comment

Return Top