毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

鍛冶職人の伝統技術を手のひらに「FEDECA ナーゲルスライド ショート」


日本には刃物の伝統製法を引き継ぐ、素晴らしい技術をもった鍛冶師の方々がいます。
今回はそんな鍛冶職人の貴重な伝統技術に触れることができる神沢鉄工株式会社の文房具をご紹介します。
13267910_1072707496101954_780243337850982795_n

創業120周年の挑戦

神沢鉄工は、1895年、金物の街「播州三木」で神澤大吉が鍛冶職人を集めて創業。以来、自由錐(サークルカッター)・エックスピット(エキスパン)などの穴あけ工具や、ハンディソー・L.PRO(L形ドライバー)などのプロフェッショナル向けのツールを生み出し、「KANZAWA ORIGINAL」として世界のクラフトマンから支持されてきました。
そんな神沢鉄工が創業120周年にあたる2015年、日本が世界に誇る「木と鉄の文化」の継承をテーマに刃物ブランド『FEDECA』を立ち上げました。

木と鉄の文化の継承

なぜ、一般消費者向けに製品を作ろうと考えたのか。ホームページには熱い想いが書かれていました。

日本は古来より木と鉄の密接な関係に基づいて文化を育んできました。
砂鉄と木炭をもとに、純度の高い鋼を生産する日本古来の製鉄法「たたら製鉄」、
そしてそれを原料とし、世界最高の鉄刀と呼ばれる「日本刀」を生み出した刃物文化。

現代においても、刃物は道具として木や竹を切ったり、削ったり、生活の中で欠くことのできない存在です。

しかし、最近では便利で安全な道具にとってかわられ、
私たちの生活で刃物を使用する機会が大きく減少してしまいました。

日本には刃物の伝統製法を引き継ぎ深化させる、
素晴らしい技術をもった鍛冶師の方々がたくさんいます。

そうした技術を次の世代につなげていく。

そのためには、もう一度、「切ること」「削ること」といった
モノづくりの基本となる動作の大切さを見直し、
多くの人に、刃物で物を作ることの楽しみや喜びを感じていただきたい。
そして、刃物を身近に親しんでいただきたい。

今のライフスタイルにあわせた形で、刃物のある暮らしを提案する。
そして、刃物の需要を喚起し、木と鉄により育まれた刃物文化を次の世代に継承する。

それが私たち”FEDECA”の目指すところです。

~FEDECAのホームページより引用~

低価格で高品質な量産品が溢れている大量生産・大量消費の世の中で、ひとつひとつ丁寧に作られたプロダクトに触れ合う機会は非常に少なくなっているように感じます。伝統技術を”生活に寄り添った道具”として世の中に提供することに挑戦する神沢鉄工のチャレンジ精神にとても共感しました。

ダマスカス鋼の魅力。美しい波紋。

13239341_1072707426101961_1905990364985664509_n
ステンレスを積層鍛造したダマスカス鋼と呼ばれる高級材が刃に採用されており、一般の材料よりも硬くそして粘りを持ち、鋭い切れ味が長く続きます。また、耐腐食性も高く、錆びにくい仕様となっています。

職人によるハンドメイドなので、積層構造による日本刀のような美しい波紋は1本1本すべて異なる模様が表出されます。
13240092_1072707419435295_3619845401103781476_n
とても美しいです。

自然由来の素材をハンドルに。

使うときにいつも手に触れるハンドル部分にはアセテート・吉野杉・鹿角といった貴重な自然由来の素材が使われています。
私のナーゲルスライド ショートのハンドルにはアセテートが使われています。
13254208_1072707359435301_8219932503171586091_n
アセテートとは綿花と高純度パルプから作られた樹脂材です。
FEDECAのナイフで使用されているアセテートは、アセテート材のトップブランド、イタリア、マツケリー社のものが採用されています。
メガネの産地、福井県鯖江で作られる高級メガネフレームに使用されているものと同じ素材で、その色彩の美しさから世界で高く評価されています。固いのにどこか温かみがある手触りが特徴です。
13241393_1072710606101643_1586292384831832872_nご覧のように見る角度によって色が変わって見えます。

神沢鉄工さんの想い

今回、神沢鉄工の浅郷様からコメントをいただきました。

刃物ブランド「FEDECA」は日本の刃物を育んできた「木と鉄の文化の継承」をテーマに刃物のある暮らしを提案するブランドとして2014年から活動を開始しました。凶悪な事件により「刃物は危ないもの」というネガティブなイメージがあり、日々の生活の中でも刃物を使うシーンがとても少なくなっております。

私たちは老舗金物メーカーとして、多くの人に「切ること」「削ること」といったモノづくりの基本となる動作を見直してもらいたいという思いで製品作りに励んでおります。

今回ご覧いただいたナーゲルスライドナイフは「大人のカッターナイフ」をコンセプトにポーチや筆箱にコンパクトに美しく収納できる携帯性、怖さを感じにくい刃渡りの短さでありながら、短さでも紐や紙を切ったり、鉛筆を削ったりするには十分に便利に使えるという新しい文房具として提案していきたいと考えております。

神沢鉄工株式会社 浅郷

日本が世界に誇る鍛冶職人の伝統技術を、身近に使える文房具として体感できるFEDECAのナイフ。
ぜひ文房具ファンの皆さんにも使っていただきたい逸品です。
13239420_1072713382768032_5889219263692018526_n (1)
こんなあなたにおすすめ!
・伝統技術に興味がある方
・職人がハンドメイドで作る高品質な製品を使ってみたい方
・日本刀が好きな方

Information

ナーゲルスライド ショート|FEDECA
http://www.fedeca-store.com/items/2984923
FEDECA
http://www.fedeca.com/jp/index.html

– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–– No Stationery, No life. 毎日、文房具。–


ABOUT THE AUTHOR

たかたく
仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。 文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌や新聞などの文房具特集に何度か掲載いただきました。手帳はジブン手帳。
文房具カフェ会員No.79
関西どや文具会 会員No.14

Comment

Return Top