毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

万年筆 アーカイブ - Page 3 of 3 - 毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜( 3 )

Category
見る角度によって顔が変わる妖艶なボディ「カルネヴァーレ(DELTA × KINGDOM NOTE)」
4491

見る角度によって顔が変わる妖艶なボディ「カルネヴァーレ(DELTA × KINGDOM NOTE)」

イタリアのDELTA社と筆記具専門店・KINGDOM NOTEのコラボレーションで生まれた「カルネヴァーレ」をご紹介します。 DELTAは南イタリアの都市、パレートの高級筆記具ブランドです。熟練の職人さんがつくる筆記具はそのイタリアらしい華やかなデザインが世界中で支持されています。 このカルネヴァーレはそんなDELTA...
そこには男のロマンがついていた「アンモナイト(中屋万年筆 キングダムノート別注)」
3690

そこには男のロマンがついていた「アンモナイト(中屋万年筆 キングダムノート別注)」

どうして恐竜や化石といった太古の世界には少年をワクワクさせるものがあるのでしょうか。私もその昔、化石が大好きでした。 そんな太古のロマンを感じることができる万年筆がキングダムノートから登場しました。その名も「アンモナイト」。 中屋万年筆の職人さんが丁寧に丁寧に仕上げた高品質な万年筆に、アンモナイトの化石の純銀製の廻り止...
プラチナ万年筆のカートリッジがジャストサイズ「ポリプロピレン小型石鹸ケース」
14947

プラチナ万年筆のカートリッジがジャストサイズ「ポリプロピレン小型石鹸ケース」

ふと身の回りを見渡すと、無印良品の製品を使って文房具を整理整頓していることに気が付きました。 ということで「あの無印良品で、文房具を整理しよう。」と題して、全4回のシリーズで無印良品の製品を使った整理整頓方法を連載でご紹介いたします。 本来の使い方ではないものばかりですが、意外とサイズがピッタリで使い勝手が良い物を厳選...
独特のくすんだ色合いが美しい。「日本の生物シリーズ『甲殻類』」
6575

独特のくすんだ色合いが美しい。「日本の生物シリーズ『甲殻類』」

万年筆の魅力のひとつが豊富なインクですよね。ブランドの豊富なラインナップを試したり、理想の色を求めて自分でブレンドして色をつくったり、追求すると本当に奥が深〜い万年筆のインクの世界。万年筆ファンの間ではインクの魅力を「インク沼」と呼んだりもします。 さて、今回は9月23日(万年筆の日)にキングダムノートから発売されるオ...
山中湖の美しい湖面を見事に表現した限定万年筆「#3776 センチュリー 山中」※7月1日発売※
14004

山中湖の美しい湖面を見事に表現した限定万年筆「#3776 センチュリー 山中」※7月1日発売※

プラチナ万年筆から7月1日に発売される限定万年筆「山中」 「山中」は、しばらく使わなくてもインクが乾かずいつでもすぐに書き出せる画期的な「#3776 CENTURY」シリーズの発売を記念して始まった富士五湖のシリーズの第4弾です。 本日、文房具朝食会で特別に「山中」を見せていただきました。写真がメインになりますがみなさ...
オリジナルインクを作ろう!「ink stand by kakimoriのオーダーインク」
11274

オリジナルインクを作ろう!「ink stand by kakimoriのオーダーインク」

蔵前にあるオリジナルノートが作れるお店、カキモリさんの隣に9月6日オリジナルインクが作れるお店ink stand by kakimoriがオープンしました。 カウンターで自分好みのインクを作ることができるのですが、まず16色のインクから基本となる3色を選びます。2色を1対1で混ぜ合わせた時のサンプルもあるので参考にする...
たった200円なのに超本格派の万年筆「preppy(プレピー)」
17768

たった200円なのに超本格派の万年筆「preppy(プレピー)」

みなさんは普段から万年筆を使っていますか? 文房具好きさんの中には普段使いしている方も多いと思いますが、一般的にはあまり日常では使われていないアイテムかもしれません。 万年筆って、高級かつ扱いが難しいイメージがあるんですよね。私も文房具好きと言いながらも、これまで万年筆にはあまり触れてきませんでした。 そんな私が最近出...
Return Top