毎日、文房具。 | 〜No stationery,No life.〜

- 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン -

たかたく
仕事では最先端のITを扱っていながら意外にもアナログ大好きで文房具・手帳が好きです。 文房具アドバイザー・手帳アドバイザーを名乗り(自称)ぴったりな文房具や手帳を提案することができます。雑誌や新聞などの文房具特集に何度か掲載いただきました。手帳はジブン手帳。
文房具カフェ会員No.79
関西どや文具会 会員No.14
たかたくの記事一覧( 3 )
目を向けると、デスクの上でもそこは草原「グリーントレイ midori」
5467

目を向けると、デスクの上でもそこは草原「グリーントレイ midori」

「midori」は、まるで公園の芝生を切り抜いてきたようにとてもリアルな人工芝の小物入れです。 人工芝ではありますが、同じ色の芝のようで微妙に違う色の芝や枯れ芝が数種類使われており、実際の芝のように美しいです。 会社のデスクに置いておけば、目を向けるといつでもそこには気持ちのよい草原が広がります。 使っている文房具を一...
【インタビュー】東京・高円寺のオリジナル革製品のお店「BACKORDER」【オリジナル文房具製作秘話】
3751

【インタビュー】東京・高円寺のオリジナル革製品のお店「BACKORDER」【オリジナル文房具製作秘話】

「毎日、文房具。」ではオリジナル文房具第一弾として「ミニマムペンシース(仮)」を発表しました。 →「ミニマムペンシース(仮)」について詳しくはこちら。 今回のオリジナルペンケースの製作は、東京 高円寺にショップ&工房を構える「BACKORDER」様にご協力いただきました。 代表で職人でもある小林さんに一つ一つ丁寧に手縫...
必要最低限の薄くて使いやすいペンケース「ミニマムペンシース(仮)」
8800

必要最低限の薄くて使いやすいペンケース「ミニマムペンシース(仮)」

改めて言うのも変ですが、私は文房具が大好きです。 大変な作業を簡単にしてくれるところ、嫌な作業を楽しくしてくれるところ、周りの人とコミュニケーションを円滑にしてくれるところ、気持ちを届ける手助けをしてくれるところなどなど、挙げればキリがありませんが、私は文房具が好きです。 いち文房具ファンとして、また「毎日、文房具。」...
クルクル回すとどんどん出てくる「ビュロー クリップケース」
5736

クルクル回すとどんどん出てくる「ビュロー クリップケース」

ビジネスでは欠かすことができないゼムクリップ。 皆さんはどのように管理をしていますか? 机の一番上の引き出しにジャラジャラと入れてあるという方も多いはず。 でも引き出しの中にそのまま入れておくと、ついつい溜め込んで汚くなってしまったり、使いたい時にすぐに取り出せなかったということもありますよね。 ドイツ語で「オフィス」...
一度書いたらコピーも作れる「コピぺメモ!!」
6900

一度書いたらコピーも作れる「コピぺメモ!!」

複写式の伝票などで使われている「感圧紙」を使ったメモ用紙「コピペメモ」 感圧紙なので一度の記入で書いたメモのコピーを作ることが可能です。 使い方はとても簡単。あるイベントの概要メモを作ってみました。 まずカバーを開けて コピーを作りたい分だけ枚数をめくって、その下にカバーを下敷きとして差し込みます。 あとはメモをとるだ...
安心・安全を追求!刃を折らないカッター「オランテ」
9697

安心・安全を追求!刃を折らないカッター「オランテ」

カッターナイフは刃を折ると切れ味が復活しますが、実際のところは「刃に触れるのが怖い」「折ったあとどうすれば良いかわからない」などの理由で刃を折らずに使い続ける人が多いようです。 ユーザーの声にしっかりと向き合い、折らなくても切れ味が長持ちする刃を開発し、交換の際は一切刃には触れなくてよい仕組みを提案したオランテ。女性を...
鉛筆の削りかすを使ったおしゃれなグリーティングカード「ペンシルシェービングカード」
3259

鉛筆の削りかすを使ったおしゃれなグリーティングカード「ペンシルシェービングカード」

とってもおしゃれなグリーティングカード。 ある物が上手にデザインに使われているのですが、わかりますか? そう、この「ペンシルシェービングカード」は鉛筆の削りかすを上手に使ってデザインを施した、とってもおしゃれなグリーティングカードです。 イギリスのデザイナー、ルースジャクソンさんが手がけるこのカード。実は8歳の息子さん...
Return Top